誤解され炎上を繰り返しながら、夢を語り時代を切り開くお笑い芸人キングコング

CHIKA_SP

最近テレビではあまり見かけない”キングコング”のお二人。

たまに見たかと思いきや、誤解や炎上をお招きしてらっしゃる話題に事欠かないお二人。笑。

 

テレビ出演以外の分野において、お二人それぞれ共に時代の先端で素晴らしく活躍されてます!

そして、そのお二人の動向や思考を追いかけていくと、とても素敵な人間性に出会えるのです!

 

ということで、お二人へのありがちな誤解を紐解き、勝手にお二人の好感度を上げたいと思います。

 

 

まずはキングコングの歴史と現在

キングコングの歴史から簡単にご紹介。

1999年にコンビ結成。結成5ヶ月しかも19歳にしてNHK上方漫才コンテストで最優秀賞を受賞。

これを皮切りに関西の数々の賞を受賞していったのですが、NSC(吉本の芸能学校)在学中にその偉業を成したのはキングコングのみ。

2001年に「はねるのトビラ」が放送開始。深夜からゴールデン放送までのし上がり10年以上のロングラン。

その間にもM-1グランプリでは優勝を逃してはいるものの何度も好成績を残しています。

 

現在、西野亮廣さんは絵本作家としてデビュー後、個展開催やオンラインサロン運営、映画制作など様々な活動をされています。

梶原雄太さんは2018年にYouTuberカジサックとしてデビューし、メインチャンネルと2つのサブチャンネルも含めるとチャンネル登録者数は281万人(2021.3.5現在)と、大活躍。

 

コンビの活動としては、YouTubeチャンネル「毎週キングコング」においてフリートークを毎週投稿。

西野さんが吉本を退社した為、漫才などの活動は今のところ未定。

 

 

西野亮廣への誤解①「お金が大好きなんでしょ!?」

これはまずお金が好きなのは悪い事ではないという事を前提でお話します。

西野さんは「お金に興味が全くない」というのが真実です。

じゃあなぜ西野はいつも稼ごうとするの!?と、思いますよね。

それは全てエンターテイメントの為なんです!

私腹を肥やす為のお金には1ミリも興味がないという意味です。

 

西野さんの夢はエンタメで世界を獲ること。ディズニーを超えること。

それを叶える為に、絵本から映画、個展、舞台など手がけ、更には町を作り始めています。

※ 町とは、西野さん原作「えんとつ町のプペル」の、えんとつ町の世界観を現実の街に溶け込ませて、ファンタジーと現実世界の境界線を曖昧にしたちゃんと人が住む世界という意味の町です。

 

それらを実現させていく為には大きなお金が必要ですが、そのお金の動かし方自体がエンタメとして成り立っています。(この後のクラウドファンディングの部分で説明しています。)

 

ちなみに、相方の梶原さんが「西野は本当にお金に興味がない」と言っているくらいですので、これ本当です。

 

 

西野亮廣への誤解②「西野のオンラインサロンて宗教的なんでしょ!?」

これもまた宗教が決して悪いものではないということを認識しましょう。

 

オンラインサロンの実態をよく知らない方は特にこの誤解をされますが、西野さんのオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」でメインに行われていることをまず説明します。

メインは、毎日西野さんがFacebookで2000〜3000文字の記事(現在の活動報告、エンタメやビジネスにおける考え方など)を投稿します。

ほとんどのサロンメンバーはこの記事を読むだけです。月額980円。

 

時々イベント事で集まることや、メンバーが西野さんの活動に参加することも。

災害が起きた時などはメンバー同士で助け合うこともあったり。

とても健康的な場所です。

 

一言で言うなればファンクラブです。

例えばアイドルのファンの方って側から見れば信者のようなもので、コンサートがあれば何度も行くし地方遠征もしますよね。

それと似たようなことです。

 

ちなみに私は映画えんとつ町のプペルを7回見ました。これで私も一丁前の信者です。笑

 

 

西野亮廣への誤解③「クラウドファンディングって詐欺っぽくない!?」

西野さんがクラウドファンディングを始めたのは約8年前。当時はまだ日本でクラウドファンディングの認知がかなり低く、怪しい、詐欺だと叩かれたようです。

ここ最近は認知が広がっているので、そのようなことは随分なくなったと思います。

 

色んなタイプのクラウドファンディングがありますが、例えば西野さん主催のものではこんな内容がありました。

【映画「えんとつ町のプペル」の前売り券を子供コミュニティに100名分プレゼントする権利を20万円で購入。そのリターンとして映画のエンドロールに名前が掲載される。】

これ、関わる人みんなとてもハッピーなのわかりますか?

 

西野さんのお金の動かし方はやっぱりエンタメでありハッピーなんです。

 

購入者は支援者です。

この内容の場合は、子供に対してでもあるし、映画に対してでもあります。

この内容に20万円の価値を感じない人は購入しなければ良いだけの話なので、どう考えても詐欺ではないですね。

 

 

西野亮廣をまとめてみます

漫才で生徒ながら賞を取り始めた時から嫉妬で批判され、芸人として人気ピークの時に絵本を描き始めたら芸人のくせにと批判され、それからあらゆることを始める時に常に叩かれ続けてきた西野さんですが、上記のようなことを今まで諦めずにずっとやり続けている人です。

 

新しい発想が常にある人で、秒速の行動力もある人。

成果が出た瞬間にもう次の分野で展開を起こしたりする為、発言がどうしても刺激的だったり、誤解を生んでしまうことがあるのは否めません。

ですが、西野さんの言動に矛盾は決して感じられませんし、近くで関わっている人たちは揃って西野さんを大好きになっていく様子を見ていると、とても正直でフラットで、人に対する愛情があることも伝わってきます。

 

知れば知るほど応援したくなり、これからどんなことをしでかしてくれるのだろうとずっと楽しませてくれる人です。

 

西野亮廣の生き方が芸人であり、西野亮廣自体がエンタメであると私は思います。

 

 

梶原雄太への誤解①「お金に汚いんでしょ!?」

キングコングにはどうもお金にまつわる悪いイメージがありますね笑。

過去のエピソードにこのイメージの原因があるのだとは思いますが、これ、正直過去は知りません。すみません。

ただ今私が知っている梶原さんは、全くお金に汚くないし、むしろとても堅実で良い使い方をされていると思います。

 

素敵なエピソードを紹介します。

YouTubeチャンネル登録者数200万人突破記念として、カジサックチームメンバーがみんなでロレックスを購入した話です。

 

チャンネルが成功しているからこそ、カジサックだけではなくチームメンバーみんなそれぞれロレックスを買えるくらい稼げるようになったということなんですよね。

 

カジサックチャンネルのスタート当時は本格的にYouTubeに取り組む芸能人はほぼいなかった為、芸人仲間からも叩かれていました。

そんな中でのチャンネル成功は、チーム一丸となってきた証ですし、メンバーにも多くの変化やストーリーを生んできていますので、このお金の使い方には感動を覚えました。

 

もともと心配性で堅実的な梶原さんなので、お子さん5人の家庭を守る為にはもちろん蓄えもきちんとされているでしょう。

ですけど、ここぞという時に、チームの士気を高める為に大金も使うというかっこいい考え方を持っている方です。

 

 

梶原雄太への誤解②「炎上商法なんでしょ!?」

Twitterでのコメントが幾度となく炎上している梶原さん。

知らない方からはまるであえて炎上させているかのように見える場合もあるかも知れませんが、これ梶原さんの真っ直ぐな性格ゆえなんです。

 

カジサックが生配信したり目標などを語ったりすると、普段はおしゃべりがとっても上手で面白い方なのに、言葉のチョイスを意図しない方へと間違ってしまうこともあり、ヘイトが向いてきます。

 

そんな時の梶原さんの内心は結構傷ついています。

 

更に、自身の考えがしっかりある方なので、間違った方向から指摘されてしまうと、感情が先走り黙ってはいられなかったり。

 

要は不器用な方なんです。

そしてとても人間らしい方なんです。

梶原さんが炎上する時は決してわざとなんてことはなく、梶原さんの思いが溢れてしまった時なんだということを是非覚えておいて頂きたいですね。

 

ただ、最近はできるだけ炎上を回避するようグッと堪える場面も増えたようです。

家族や仲間など守るものが増えた証拠だろうなと思います。

 

 

梶原雄太さんへの誤解③「自己中だし面白くないでしょ!?」

これも過去どうだったかは知りません笑。

ただ、今の梶原さんはとっても人軸であるし、とっても面白いんです!

 

ご本人も色んな場面で語っているのですが、テレビでの活動を中心とされている時は、変にカッコつけてしまったり、うまく周りの芸人さんたちと絡むこともできなかったそうです。

 

若かったですから尖っていたのも事実。

そこに人見知りが相まって、とても自己中に見られる状態だったのでしょう。

そしてテレビ番組における梶原さんは本領発揮することができない期間が長く続きました。

 

そんな苦しい時代を超えて、今カジサックとしても活躍されている梶原さんは、とっても愛情深い人だなという印象です。

 

登録者数100万人達成した時はチームメンバーと本気の大号泣をしながら喜び合っていたり、不遇の自体を過ごしていたメンバーがチームに加わってから個性が生かされて活躍していたり。

自分に関わった人全員幸せになってほしいと、ご本人もよくおっしゃっています。

 

そして、YouTubeの世界で本領発揮されている梶原さんは本当に面白いです。

笑いの好みって人によってもちろん違いますが、それを差し引いても、勢いもありテンポも良く、アドリブも効くメリハリのあるトークはお見事だと思います。

芸人さんをゲストに招いた時は、テレビでは見られない裏側や個性を引き出される聞き役に徹しています。

 

私が芸人だったら絶対にゲスト出演したいです。得しかないですから。

 

 

梶原雄太をまとめてみます

お気付きかと思いますが、梶原さんは過去から大きく変化した人なんですよね。

 

西野さんはずっと変わらず自分を信じ続けて突き進んでいる方ですが、梶原さんはたくさん悩まれた後に自分の道を見つけ魅力が倍増し輝いた方です。

 

早くから輝いてる西野さんに迷惑をかけていると自信を無くし、芸人を辞めることも考えた時期もあったそうなので、そこからの起死回生はたくさんの人に勇気を与えていると思いますし、その経験により人に優しく痛みを理解する人情の人になったのではないかと思っています。

 

時に思いが強すぎて、言わなくてもいいこと言っちゃったなとか、その思考はちょっと偏ってないかなとか、ファンとしてヒヤヒヤすることもあるのが正直なところですが、そんなところも含めて応援していたい人です。

 

 

キングコングをまとめてみます

YouTubeチャンネル「毎週キングコング」ではお二人が30分ほど最近思うことを話しておられますが、とっても仲良しで、コンビ愛がビシビシ伝わってきます。

過去には大喧嘩が絶えない時期もあったそうですが、特に梶原さんが自信を取り戻してからは本当に楽しそうにお互いの話をされていますね。

 

西野さんは梶原さんの話で爆笑されていることも多々あります。

梶原さんの話に上手く突っ込んだり、合いの手を入れることで更に面白くなっていて、見てるこちらもついつい声を出して笑ってしまいます。

 

今後もお二人は常に新しいことに本気でチャレンジをされるでしょうし、その度に炎上もすることでしょう。

同時に、応援する人も増えていくのだと思います。

そのお二人を見て頑張ってみようと背中を押される人も更に増えるはず。

 

決して目の離せない、離してはもったいないお二人を是非たくさんの方に知って頂きたいと思っております。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

いいね!!

この"好き"を書いてる人

CHIKA_SP

アラフォー独女。
17年間、美容業関連の仕事をしております。
西野亮廣エンタメ研究所メンバー。カジサックの楽屋プレミアム会員。
中田敦彦のPROGRESSメンバー。

SNSでみんなに魅力を伝えよう!