人気急上昇中!ONEUSの魅力に迫る!

deudeuko ででコ

近年さらに加速する韓国ブーム。

BTSやBLACKPINKなどが世界中で人気を集め、日本でもファンが増えています。

昨年デビューしたNiziUが大きな話題になっていたことも記憶に新しいのではないでしょうか?

私もその韓流ブームに一足早く乗ってファンになった一人です。

 

今回ご紹介するのは、ONEUS。

デビュー二周年を迎えた2021年1月には初めてのフルアルバム『DEVIL』を発売し、今とても勢いに乗っているグループです。

そんなONEUSの魅力をたっぷりお届けします!

 

 

ONEUSってどんなグループ?

2019年1月9日に韓国でデビューした6人組の男性アイドルグループです。RBWという事務所に所属しており、先輩にはMAMAMOOがいます。同年8月には日本デビューも果たしました。

デビュー前には一部のメンバーがプロデュース101シーズン2や、MIX NINEなどのオーディション番組に出演。その当時から注目を集めていたので、番組を視聴していた方はご存知かもしれません。

 

ファンの名前はTOMOON(トゥムン)。ONEUSを地球、TOMOONを月に例え、月が地球を守るという意味でつけられました。

ONEUSはワンアス、ウォノス、ワナスなどと読み、ファンの間でもまだ一本化はしていません。

 

グループ仲もよく、それぞれが素敵な個性を持っています。

 

 

メンバープロフィール

 

RAVN(レイブン)

1995年9月2日生まれ ラップ

本名はキム・ヨンジョ。ネコ目が特徴的な最年長です。

落ち着いた性格で、いつもメンバーを優しく見守っています。ほとんどの楽曲制作に携わっています。ほかにも動画編集をしたり、洋服のリメイクをしたりと超クリエイティブ。

 

レイブンが制作した楽曲でぜひ聴いていただきたいのは、『HERO』。

ヒーローといえば、人を助けて称えられる”陽”の面をイメージすると思いますが、この曲は反対に“陰“に焦点が当てられています。

デビューアルバムに収録されていて、レコーディングの様子もONEUSのYouTubeチャンネルにて見ることができます。

 

レイブンはONEUSとしてデビューするまでにたくさんの事務所で練習生を経験していた苦労人です。大手と呼ばれるSM、JYP、YGで練習をしていたことも。人気アイドルグループVICTONのデビュー候補メンバーでもありました。

活動休止していた時期もあったので、今メンバーと笑っているところをみると嬉しくてたまらなくなるのです …!

 

SEOHO(ソホ)

1996年6月7日生まれ ボーカル

本名はイ・ソホ。改名しており、デビュー前まではイ・ゴンミンとして活動していました。改名することになった理由は占いです。芸能向きの名前を占ったところ「ソホ」が良いということで本名もソホにしました。

 

名前の効果か本人の持っている運なのか、ソホはおいしいところで必ず失敗してしまいます。例えばメンバーと立ち幅跳びに挑戦したときのこと。飛距離は一番遠く、これはソホの優勝だと誰もが確信したそのとき!・・・バランスを崩して手を後ろについてしまい最下位になってしまいました。でも、それでこそソホなのです・・・

 

そんなソホの最大の魅力は、運動神経の良さです。

タンブリングが得意で、連続バク転もお手の物。TwilightのMVやプロデュース101シーズン2でも確認できます。

 

LEEDO(イド)

1997年7月26日生まれ ラップ、ボーカル

本名はイ・ゴンハク(ゴナク)。声が低く、体格も良いのではじめは怖いイメージを抱かれがちですが、一番年下のメンバーシオンにやられっぱなしのひよこちゃんです。そして子どもが大好き。高校は幼児教育科を卒業しています。

 

レイブンとはRBW入所前からの知り合いであり、同じ事務所で練習生をしていました。

ONEUSに加入することになったのもレイブンが声をかけたからであり、レイブンのことを義兄としてとても信頼しています。

 

良い体つきは合気道とボクシングで作られました。今も筋トレは欠かさず、空き時間にソホとトレーニングしています。

 

KEONHEE(ゴンヒ、ゴニ)

1998年6月27日生まれ ボーカル

本名はイ・ゴンヒ(ゴニ)。グループ1の長身で手足が長く、どんな衣装も似合います。

歌声は伸びが良く、プロデュース101シーズン2でも高い評価を得ていました。

 

特筆すべきはハロウィーンの仮装です。

2018年はカオナシ、2019年はライアン、2020年にはどうぶつの森のトタケケの仮装をしましたが、全て顔塗りまでしています。アイドルの仮装特集でも取り上げられていました。

 

また、ゴニはとても涙もろい性格です。サプライズでメンバーからビデオレターをもらったとき、お母さんからお手紙をもらったときはもちろん、宛先が自分でなくてもやっぱり泣いてしまいます。

感受性の豊かさが歌にも生きているのだと思います。

 

HWANNWOONG(ファヌン、ファンウン)

1998年8月26日生まれ ダンス

小柄な体格から妖精とも呼ばれています。くっきりした可愛らしいお顔で、たくさんのアイドルが一堂に会するコンサートに出演すると他のファンの方々が「あの子かわいい!」と言っているのをよく耳にします。

 

メインダンサーのファヌンは動きだけでなくダンス中の表情も目を見張るものがあります。ダンスカバーの動画もたくさんありますので、ぜひ見てみてください!

 

踊っているときとは違い、普段はのんびりしています。自分を動物に例えるなら?という質問に「ナマケモノ」と答えていました。『僕たちデビューします』の第4話ではナマケモノ役を演じるファヌンを見ることができます。

 

XION(シオン)

2000年1月10日 ボーカル

本名はソン・ドンジュ。シオンという芸名はソホがつけました。

ONEUS内で一番最後に入所し、短い練習期間でデビューに至ったシオン。

しっかりした性格で、宿舎では家事をしたりもします。最年少らしい面もあり、メンバーにはよくいたずらをしています。特にイドへの当たりが強く、噛んだり叩いたりしています。それでもシオンが可愛いのでイドは結局許してしまいます。

 

シオンの双子のお兄ちゃんも同じ事務所に所属しています。名前はドンミョンといい、ONEWEというバンドのキーボードを担当しています。

2人の顔は似ておらず、性格も反対なのですが、とても仲良しです。

シオンも幼少期にピアノとヴァイオリンを習っていたそうですが、今は弾けないとのこと。

 

 

おすすめコンテンツ

こちらではYouTubeで見ることのできるコンテンツをご紹介します。

 

①ONEUS オフィシャルアカウント

MVビハインドや季節に合わせたコンテンツを配信しています。日本語字幕はついていないので、韓国語の上手なファンが字幕付きで再編集してくださったものを探すとわかりやすいかもしれません。古い動画になりますが、オレンジゲームがおすすめです。

 

②僕たちデビューします

RBWのYouTubeチャンネルにて見ることができます。

ONEUSとONEWEが出演しているので、シオン&ドンミョンの絡みもあります。前述したファヌンのナマケモノがみられるのもこのコンテンツです。ここでもソホが奇跡を起こします。英語字幕がついています。

 

③メウンマをみせてやる!

ONEUSがマイルド(=弱気)なので持ち上がったこの企画。メウンマというのは辛口を意味するので、これはさすがに酷すぎるのでは・・・と思ってしまうシーンもあります。それでも乗り越えていく仲の良さがわかるリアリティーです。日本語字幕がついています。

 

④ステージブレイク

ONEUSはK-POPや洋楽を中心にダンスアレンジをした動画を定期的に制作しています。

筆者のおすすめは2020年7月24日に投稿された『ダンスモンキー』。トイストーリーを基に構成されていて、ダンスだけでなく物語性にも注目です。これをMAMAMOOのソラ・ムンビョルとファヌンの高校の先生がモニタリングしている動画では、大絶賛されていました。

 

 

ONEUSのMV

これまでの説明で興味が湧いてきたあなたに、筆者のおすすめMVを紹介します。

 

・Twilight

おしゃれなMVをどこで撮ったのか気になりませんか?なんとイタリアはミラノ、アルコナーティ邸で撮影されたそうです。

衣装もナポレオンジャケット風であったり、レースを使ったりと世界観に溶け込むようにこだわって作られています。

ちなみに筆者の一番好きな曲です。

 

・LIT

ファンの間では韓国語の題名『가자(カジャ)』で呼ばれることが多いこの曲。韓国の伝統建築を意識したセットや伝統芸能が取り入れられていて、韓国っぽさが前面に押し出されたMVになっています。

曲を通して流れ続けるメロディーは五音で構成されています。それだけでも非常に民族音楽的に聞こえるのですが、韓国の伝統楽器「カヤグム」を使うことでさらに効果を高めています。映像でもテグムやチョアゴ(座鼓)に似た大太鼓が登場しました。

 

・BBUSYEO

今までで一番ポップなMVです。メンバーのかわいらしい演技で、日常にあるちょっとしたイライラがコミカルに描かれています。撮影時はとても寒かったそう。

壊せ!という題名の通り、後半は物をたくさん破壊します。思う存分暴れる姿はみていてなんだかスッキリしませんか?

 

ご紹介できなかったMVも魅力満載です!

ビハインドも併せて見ると、撮影の裏側を知ることができて楽しいですよ。

 

 

ONEUSの推しポイント

なぜ推したくなるのか、筆者なりに考えてみました。

 

・仲が良い

韓国は儒教を重んじる文化があり、日本の感覚よりも一歳の差が大きいのです。しかしレイブンとシオンとでは5歳差があるにもかかわらず、シオンは縮こまることなくのびのびとしています。メンバー全員が優しい性格であることが仲のよさに繋がっています。

 

・日本語勉強中

日本での活動もあるONEUSは、日本語も一生懸命勉強しています。特にゴンヒはとても上手で、サイン会では頑張って日本語でコミュニケーションをとろうとしてくれます。以前筆者が多忙ながらどうにかサイン会へ行った時、ゴンヒに日本語で慰められました。

 

・事務所の方針

RBWはかなりアーティストに寄り添ってくれる事務所です。例えば、遠方のコンサートで宿泊するとき。「疲れるだろうから」と社長さんの気遣いで、ホテルは一人一部屋与えてくれています。これは当たり前ではなく、デビューから数年経った人気のアイドルでも共同部屋を使っていることの方が多いのです。

第二にプロモーションやMV撮影、コンテンツ制作にも力を入れています。たくさんの人にONEUSというグループを知ってもらおうと尽力しているのが伝わります。

 

 

ONEUSに出会ってから筆者に起きた変化

個人的な話になりますが、もとよりかなりのインドア派で趣味も特になかった筆者。しかしたまたま見かけたMVでONEUSを知り、いつの間にかファンになっていました。

生でONEUSを見たい!という強い思いから東京、大阪、韓国までも追いかけて行ってしまうようになり、今では早く自由に旅行ができる日を楽しみにしています。旅行が趣味になったのです。

アイドルから新しい趣味を得るとは思いもしませんでした。

 

趣味を探しているみなさんも、アイドルをその候補の一つに入れてみるのはいかがでしょうか?想像もしなかった新しい出会いがあるかもしれません。

 

 

長々と書いてしまいましたが、いかがだったでしょうか?

少しでもONEUSの魅力をお伝えできていたら幸いです。

 

ぜひ一度、音楽を聞いてみてください!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

いいね!!

この"好き"を書いてる人

deudeuko ででコ

SNSでみんなに魅力を伝えよう!