大人気ワンピース!!魅力を徹底解説(ネタバレあり)

トロ

今年の1月に1000話を達成した大人気漫画ワンピース。

とても面白い漫画なので紹介したいと思い、記事を書きました。

1000話というとすごく長い時間連載していることになります。

1997年から連載が開始されたので、24年も続いていることになります。

 

単行本も97巻まで出ています。

今年の間に100巻まで行きそうな勢いです。

凄い人気ですね。

 

ワンピースの内容は知らなくても、名前だけは知っている人も多いのではないでしょうか。

アニメも22年続いていますし、ゲームやグッズもたくさん発売されています。

 

私はワンピースのフィギュアを買って、部屋に飾っています。

ワンピースのフィギュアはどれもクオリティーが高いので、どのキャラクターのフィギュアであってもカッコよく再現されています。

なので、置く場所がないと思いつつも、フィギュアを買ってしまうのです。

 

私はフィギュアを買うくらい大好きなワンピースですが、話の数が多すぎて今からワンピースを読むきにはなれない人もいるのではないでしょうか。

私も現在ワンピースを読んだことがない状態で、今から読み始めることになれば躊躇してしまうと思います。

しかし、ワンピースを読んでいないのは本当にもったいないことです。

本当に面白い漫画なので一度は見てほしい作品です。

 

なので、少しでもワンピースに興味を持っていただけるようにワンピースの魅力を書いていきます。

 

あらすじ

・海賊への覚悟!男と男の約束!!

海賊王ゴールド・ロジャーが放った一言により、大海賊時代が始まりました。

ゴールド・ロジャーが放った発言で、多くのものが海賊を目指すようになりました。

 

ワンピースの主人公であるモンキー・D・ルフィもその一人でした。

ルフィはイーストブルーのフーシャ村というところに住み、7歳のときから海賊になると宣言していました。

 

フーシャ村に滞在していた海賊の赤髪のシャンクスとルフィは仲良くなりました。

ルフィはシャンクスと仲良くなるにつれて、より海賊の憧れが強くなっていくのです。

 

そんなある日、シャンクスが敵の海賊船から奪った、悪魔の実の「ゴムゴムの実」をルフィは勝手に食べてしまったのです。

悪魔の実とは、一生泳ぐことが出来ないカナヅチの身体になることと引き換えに、超人的な能力を得ることが出来るものでした。

 

「ゴムゴムの実」の能力はその名の通り、全身がゴムとなるものでした。

ルフィは「ゴムゴムの実」を食べて喜びました。

もともとカナヅチだったから、能力を手に入れることが出来て嬉しいと。

 

話は変わり、ルフィが「ゴムゴムの実」を食べた日に事件は起こりました。

ルフィとシャンクスが酒場でご飯を食べていると、山賊がやってきたのです。

山賊たちは山を降りてきて、酒を探しに来ていました。

しかし、酒はありませんでした。

シャンクスたちが宴をするために、全ての酒を出していたのです。

 

酒がないことに怒った山賊は、シャンクスに喧嘩をふっかけました。

山賊は出されていた食事や酒を、めちゃくちゃにしていったのです。

 

シャンクスは山賊に酒などをこぼされていましたが、笑っていました。

それを見たルフィは怒ったのです。

ひどいことをされたのにもかかわらず、笑っていることが許せなかったのです。

なんで戦わなかったのかと。

 

それから数日経っても、ルフィは怒っていました。

カッコいい海賊だと思っていたのに、山賊と戦わなかったことで幻滅してしまったと。

そんな話を酒場の店主マキノと話していると、また山賊が店に来たのです。

 

店に来た山賊にルフィは、喧嘩を売りました。

なぜ喧嘩を売ったのかというと、シャンクスたちが馬鹿にされたからです。

自分の尊敬する海賊であるシャンクスが、腰抜けで弱いと言われて、いてもたってもいられなくなったのです。

しかし、ルフィはボコボコにされてしまいます。

 

そんなとき、航海に出ていたシャンクスがフーシャ村に帰ってきたのです。

ボコボコにされているルフィを見てシャンクスは怒りました。

酒や食い物をぶっかけられようが、唾を吐かれて笑われたとしてもそんなことで怒ることはしないと。

しかし、どんな理由があっても、友達を傷つける奴は許さないといったのです。

そういうとシャンクスたちは、山賊たちをボコボコにやっつけたのです。

 

シャンクスにやられた山賊のうちの1人のヒグマが、ルフィを連れ去り逃げたのでした。

連れ去られたルフィはヒグマにより、海に連れていかれたのです。

そして、ルフィは海に放り出されました。

ルフィは悪魔の実を食べていたので、泳ぐことが出来ずにおぼれていました。

 

そこに、近海の主という大きな怪物がやってきたのです。

おぼれているルフィは、近海の主に食べられそうになります。

 

あと少しでルフィが近海の主に食べられそうになったところを、シャンクスが助けに来てくれたのです。

シャンクスのおかげでルフィは助かることが出来ました。

しかし、ルフィを助けたことにより、シャンクスの左腕が近海の主によって食べられてしまったのです。

 

そのことに気がついたルフィは、泣き出しました。

大好きなシャンクスの腕を失くしてしまったのが、自分の責任だと。

そんなルフィを見てシャンクスは、ルフィに無事でよかったと伝えました。

ルフィはシャンクスの偉大さに気がつきました。

シャンクスのような男になりたいと心から思ったようです。

 

ついに、シャンクスたちがフーシャ村から出ていく日が来ました。

そこでルフィは、シャンクスたちに宣言しました。

仲間を集めて、財宝も見つけて海賊王になると言いました。

尊敬するシャンクスを超えていくと。

 

それを聞いたシャンクスは、ルフィに自分がかぶっている麦わら帽子を渡して、立派な海賊になり再び会うことを約束しました。

 

ルフィは立派な海賊になり、シャンクスに会うことを目標にして頑張るのでした。

 

好きなキャラクター

私が大好きなキャラクターを2人紹介していきます。

 

・サンジ

私がオススメするキャラクターの1人目は、麦わらの一味のサンジです。

サンジのことを大好きな私が、サンジの魅力を書いていこうと思います。

この記事を読むとあなたは、サンジのことが大好きになります。

そして、サンジのような人間になりたいと思うはずです。

 

いまから、サンジの魅力を2つ説明していきます。

サンジの魅力の1つ目は、作中トップクラスに優しい性格を持っているところになります。

なぜなら、サンジは敵味方を問わずに平等に接するからです。

たとえば、サンジはお腹がすいている人なら、たとえ敵であったとしても食事を作ります。

 

サンジがなぜ敵であっても食事を作るのかというと、過去に遭難して長い間食事を食べることができなかった経験があるからです。

赫足のゼフというのちのサンジの師匠となる人物の海賊船が、幼少期のサンジが乗っていた船を襲いました。

そのとき、サンジとゼフは嵐に巻き込まれて、木の実も動物もいない、一度下りれば帰ってくることができない岩場に流されました。

そんな過酷な状況で85日という長い時間食事ができなかった過去から、サンジは食事ができることの有難さに気がついたのです。

 

だから、サンジは敵であってもお腹がすいている人なら、食事を作る優しさを持ち合わせています。

サンジは自分と同じつらい経験をしている人がいたなら、同じ思いをさせないようにできる優しいキャラクターです。

 

そんな優しいところがサンジの魅力的なキャラクターである理由の一つです。

 

サンジの魅力の2つ目はカッコいい必殺技になります。

サンジは麦わらの一味のなかでも、特徴的な戦い方をして活躍しています。

その特徴的な戦い方とは、手を使わずに足だけで戦うのです。

なぜ手を使わないで戦うのかというと、師匠であるゼフからの教えだからです。

料理人にとって手は商売道具であり、命であるから戦闘でケガをしないために足だけで戦います。

手を傷つけないために、鍛えた足技だけで敵を倒していくところがとてもカッコいいです。

そんな鍛え抜かれた足から繰り出される必殺技のうちの1つを紹介します。

私が紹介したい必殺技は『悪魔風脚(ディアブルジャンブ)』です。

右足を軸にして高速回転することで、右足が高熱を帯びます。

高熱を帯びた右足は、悪魔のごとく攻撃力とスピードが上がるのです。

そんな右足で攻撃された敵は、痛みと熱さによって倒されるのです。

『悪魔風脚(ディアブルジャンブ)』は足技を極めたサンジだけができる唯一無二の必殺技になります。

 

・ロー

2人目は、トラファルガー・ローになります。

このキャラクターは単行本51巻で初登場しました。

物語の中盤に出てきたのですが、とてもカッコいいキャラクターなので人気が凄まじいです。

 

ローはルフィと同じ最悪の世代になります。

最悪の世代とは、かけられた懸賞金の額が一億ベリーを超える若手海賊を指します。

ローがかけられていた懸賞金の額は2億ベリーでした。

最悪の世代の中で上から4番目の懸賞金の額の高さでした。

 

ローのどんなんところが好きのかというと、能力がカッコいいところです。

ローは「オペオペの実」を食べています。

「オペオペの実」とは、改造自在人間になる悪魔の実です。

 

改造人間になると言われても、意味が分からないと思うので説明していきます。

ROOMと声を発することで、一定の範囲に広がる球体状の特別なエリアを出すことが出来ます。

広がる特別なエリアの中にいれば、様々な能力を使うことが出来ます。

 

エリアのなかにあるものの位置を入れ替えたり、相手を生きたままバラバラにしたりすることが出来ます。

バラバラにした物を、自分の好きなように付け替えることもできます。

何が言いたいのかというと、エリアの中にあるものを外科の手術で使う技術の効果を与えるというものです。

 

一定範囲内での強力な能力はとてもカッコいいです。

そのエリアにいる間は自分の好き放題に相手を操れるのが魅力的です。

 

・好きな曲

ワンピースは長い間アニメも放送されているので、たくさんのOP、EDがあります。

その中で好きな曲がたくさんあるのですが、お気に入りの一曲を紹介していきます。

私が大好きな曲は、一番初めのOPの「ウィーアー!」です。

「ウィーアー!」は一番初めの曲なので最高です。

 

アニソン界の超大物の、きただにひろしさんが歌っています。

その迫力ある歌声がワンピースの世界観にマッチして素晴らしい曲となっております。

この曲を聞くと元気になります。

それぐらい素晴らしい曲です。

 

ぜひ皆さんも「ウィーアー!」を聞きましょう。

 

・まとめ

私の大好きなワンピースを書かせていただきました。

とても面白い作品なのでぜひ読んでほしいと思います。

 

ワンピースには様々な個性あるキャラクターたちがいて、飽きさせることがありません。

キャラクターそれぞれに悲しい過去があり、それを受け入れて逆境に立ち向かう姿は心を動かされます。

 

ワンピースは伏線の数が多いので、何度読んでも新しい発見がある作品となっています。

長く続いているからこその良さがあります。

 

ワンピースはあと少しで終わってしまうと、作者の尾田栄一郎先生が言っているので悲しいです。

物語があと少しで終わってしまいますが、残りの物語を楽しみましょう。

いいね!!

この"好き"を書いてる人

トロ

SNSでみんなに魅力を伝えよう!