Dubstepというジャンルの音楽

sumi

わたしは学生のころからDubstepというジャンルの音楽を聴いています。

Dubstepはクラブミュージックの中の一部のジャンルで、もともとは1990年代後半にイギリスで生まれたジャンルの音楽です。

 

日本でもここ数年でいっきに認知され海外の有名なアーティストが来日したり、海外レーベルからリリースしている日本人のプロデューサーも現れています。

また最近は、Dubstepというジャンルから派生したジャンルも出てきてさらに多くの人に認知され始めました。

 

わたしはもともと音楽が好きでいろいろなジャンルを聞いてきましたがここまで長く聞いてきたジャンルはありませんでした。

 

たくさんの曲を聴いてきた中で特に好きで今でも聞いている曲を紹介します。

① Zomboy - Deadweight

https://soundcloud.com/zomboy/05-deadweight-1

この曲はわたしがこのジャンルにははまったきっかけの曲です。

 

②Protohype & PhaseOne - Recon

https://soundcloud.com/protohype/5-protohype-phaseone-recon

 

③Dubloadz - Lost In The Sauce Ft. Crichy Crich (Cookie Monsta Remix)

https://soundcloud.com/disciple/litscookiermx

 

この3曲に出会ったのはもう5年近く前ですが未だに原点回帰で聞くときがあります。

ほかにも紹介し始めたらきりがないくらい好きな曲はあります。

 

Dubstepはクラブミュージックであり、DJがたくさんある曲の中から選んだMixを作ったりします。

 

★Skism - Never Say Die Vol.4 Mix

https://soundcloud.com/weareskism/never-say-die-vol4-mixed-by-skism

 

このMIXは1時間のMixになりますが、聞いているとあっという間に終わってしまうくらい内容の濃いMIXです。

初めてこのジャンルを聴く人には必ず聴いてもらうMixの一つです。

 

クラブイベントでのDubstepについて

Dubstepの日本人DJはそれほど多くなかったですが、2,3年でかなり増えました。

選曲、プレイスタイルなど人それぞれ違いがあり勉強にもなるしとても楽しいです。

 

わたし自身DJをやっており、名古屋、大阪、東京のイベントにも出演しました。

また海外アーティストの来日イベントにも出演させていただいた経験があります。

今のコロナ禍の中ではなかなかイベント等は開催することができませんが、落ち着いたらまたイベントにも参加したいです。

 

今後のDubstepについて

今後日本での認知度もさらに増えていくと思っています。

若手のプロデューサーも増えて面白い曲がどんどん増えてさらに派生したジャンルができることでしょう。

わたしもこの先将来ずっと聞き続けると思います。

 

最後に

クラブイベントと聞くとあまりいいイメージがないと思います。

しかし実際に行ってみるといろんな人がいるし、素敵な音楽を聴くことができます。

普段自分が聞かないジャンルの曲を聴いてみると新しい発見があります。

Dubstepを聴いたことのない方ぜひ聞いてみてください。

いいね!!

この"好き"を書いてる人

sumi

SNSでみんなに魅力を伝えよう!