筋力のない人ほど始めて欲しい、筋トレの魅力

カズ夫

皆さん初めまして!わたくし、カズ夫と申します。

今日は皆さんに筋トレの魅力を存分にお伝えしたく、この文章を書いています。

皆さんは筋トレってどんなイメージを持ってます?恐らく多くの方は、こんなイメージをお持ちだと思います。

「なんだかしんどい」

「わざわざやる意味がない、面倒」

「やってる人は意識が高いと思う」

僕もこういった印象でした。僕は運動する事自体は嫌いではありせん。でも、わざわざ好き好んで筋トレなんてやろうとは、全く思っていませんでした。

それこそ好んで筋トレする人はかなりの運動好き、もしくは変わり者なんだろうと思っていました。でも、ある事がきっかけで筋トレを初めたところ、とってもハマってしまい、今でもトレーニングを続けています。これから、筋トレの魅力、僕が筋トレを初めた理由、トレーニング内容について語っていきたいと思います。

どうか今しばらく、お付き合い下さい。

 

1、筋トレの魅力とは

筋トレの魅力について、まず誰もが思いつく事は、

「体格が良くなる」「筋力が付く」「ダイエットになる」といった事が考えられます。

もちろん、それは正解です。僕も筋トレを初めた当初は、「筋力をつけたい!」「体重が落ちてダイエットにもなる!」と考えていました。でも、実際にやってみると、それ以外にもいくつかの魅力に気づいたのです。

 

①達成感

僕は筋トレで達成感を感じるなんて、思ってもみませんでした。だって僕が最初に始めた筋トレは、ジムに行って本格的にやる筋トレじゃなくて、「腕立て20回」程度の、誰にでもできる軽い筋トレだったんですよ。

腕立て20回ですよ!20回!普通の人だったら、特に問題なくできる回数だと僕は思ってます。そんな回数なのに、どうして達成感を感じたのかは、理由があります。

僕は、筋力が全く無かったんです。始めた当初は10回程度でギブアップしてしまうほど、ヒョロヒョロの筋力だったんです。

僕は今年で32になりますが、筋トレを初めたのは今から1年ほど前。筋トレは20代の頃、たま~~に暇つぶしにやる程度でした。それでも腕立て50回くらいはやれる筋力でした。

それが30代で再び筋トレして10回でギブアップって、もう信じられないですよ。

自分の筋力が無くなってしまったのがウソだと思いました。でも、いくらやっても10回以上やると腕が上がらなくなるんです。プルプルして、、、力なく崩れ落ちてしまいます。

本当に絶望しました。でも諦めたくありませんでした。昔の様に50回はいけなくても、せめて20回まではと、毎日腕立てを続けていたんです。するとある日、突然できるようになるんです!もう感動ものですよ!

映画のロッキーじゃないですけど、ようやくできるようになったという達成感!

たった20回の腕立てで感動できるなんて、信じられますか?

だからこそ僕は、筋力のない人ほど、筋トレを是非やってみて欲しいと思っています。

なまじ筋力があっては、達成感も何も感じられませんからね。

 

②能力が上がっていく快感!

筋トレの魅力として僕が一番感じている事が、正にこれです!

20回で達成感を感じた僕でしたが、それで満足したわけじゃありません。僕は20代の頃の「体力」と「筋力」を取り戻すために筋トレをしていました。

このいきさつは後の章で詳しく話しますけど、とにかく筋トレを初めた頃の僕は、まるでRPGのレベル1のキャラみたいに、体力も筋力もなかったんです。20代の頃はまだ体力があったのに、30代になった途端、体力、筋力がその10%くらいまで落ちていました。

筋トレを初めたのが、40代や50代ならまだいいですよ。でも30代ですよ!

30代で体力が20代の10%まで落ちるってヤバくないですか!?

だからこそ僕は、昔の体力を取り戻す事に必死でした。そしてトレーニングを継続することで、段々と腕立てや腹筋をこなせる回数が増えていった時は本当に嬉しかったです。

RPGでいうレベルアップを、僕は、体の感覚として日々実感していました。

このように、筋トレによって自分の能力が上がっていく快感を得られると、筋トレをすることがとても楽しく思えてきます。

筋トレは、何もムキムキな人だけが楽しめるものじゃないんです。僕みたいな、何も筋力がない人ほど、筋トレは、楽しめる余地があります。

 

③お金がかからない

最近では、町のあちこちにフィットネスやジムができました。

現代は体を動かす機会がほぼありませんから、体をしっかり動かせるジムは需要があるんだと思います。

ただ僕は、筋トレの為に、わざわざジムやフィットネスにまで通う必要はないと思います。

多額の費用が必要になりますし、わざわざ高い資金を費やさなくても、しっかり体を鍛えることは可能だからです。僕自身、自重トレーニングのみの筋トレで(自分で言うのも変ですが)そこそこ良い体にはなりました。つまり、筋トレはお金がかかりません。

さすがにボディービルダーみたいな、ムキムキマッチョな体作りには、ジムに通う必要があるとは思いますが、一般的に見て「引き締まっている」「細マッチョ」といわれる様な体格は、自重トレーニングのみでも十分に可能です。

 

2、僕が筋トレに始めたきっかけ

今でこそライフワークで筋トレをしていますが、昔は筋トレなんてもの、全くする気はなかったんです。でも2つの事がきっかけで、僕は筋トレを初めました。

 

だらしなく突き出た下腹

お風呂に入る時に、誰でも鏡に映る自分の姿を目にします。ある日、自分の体格が、昔に比べてだらしなくなってきたって感覚、ないですか?

僕も20代の頃はまだ、見られても恥ずかしくない体だと、自分では思っていたんです。

ところが30代に入り、鏡を見た時でした。

(下腹が出てきている、、、)

(汚い写真ですいません!でも真実を見て頂きたく、当時の私の写真を載せました)

若い時には、脂っこい食べ物をたくさん食べても、夜遅くまで起きていても、体格は維持できます。でも、年をとる度基礎代謝は落ちているので、いつまでも若い時のままの生活を続けていくと、だんだんと体重は増えていきます。

(中年太りはこうして始まるのか)と思いました。始めは気に留めはしませんでしたが、脱衣所で着替える度にポヨンと出た下腹を見て、何とかしたいなという思いがいつもありました。

 

ワンパンマン式トレーニングの力

僕が筋トレを初めたきっかけがこれです。

ネットニュースを見ている時に、「ワンパンマン式トレーニング」で中年太りの体型から見事に引き締まった体型へと変貌を遂げた人を紹介しているページを発見したのです。

 

あ、「ワンパンマン式トレーング」というのは、漫画「ワンパンマン」に出てくる主人公が行ったトレーニング方法なんです。「ワンパンマン」よければ読んでみて下さい。

 

僕はこの漫画が大好きなんですけど、漫画のトレーングを実際に試した人がいて、しかも物凄い効果が出ている事に衝撃を受けました。

これを見て自分も「ワンパンマン式トレーニング」で下腹を解消しようとしたのが、筋トレを初めたきっかけです。

 

3、「ワンパンマン式トレーニング」とは

という事で、僕が実際に行ったのがこの「ワンパンマン式トレーング」です。

その内容がこちらです。

 

「腕立て100回、腹筋100回、スクワット100回、ランニング10キロを毎日行うこと」

 

どうです?一般人ならギリギリできそうって感じがしませんか?

 

毎日はまず当然無理ですので週に3、4回程度に設定。回数も100回をいきなり目標にすると体がバラバラになるので、回数50回、ランニング5キロを目標に始め、そこから徐々に回数を増やしていこうと僕は考えていました。

20代の頃の僕は、筋トレは腕立て50回程度、ランニングは10キロ程度は走れる体でした。

この筋力、体力が僕の「基準値」でした。30代に入っても、長い間運動していなかった僕は、自分の体力が、この当時の時のままだと思っていたんです。

 

それで先ほどの絶望を味わいました。

腹筋も20回で根を上げ、ランニングは2,3キロ走った時点でもう息が続きませんでした。

でも僕は諦めませんでした。「ワンパンマン」が大好きだったのと、昔の体力だけは取り戻したかったからです。

 

1か月程度で昔の体力を取り戻し始める

「ワンパンマン」への愛と、youtubeで見たこのトレーニングで劇的変化を遂げた前任者の男性を想像しながら、僕は日々トレーニングに打ち込みました。

(100回が無理でも、せめて半分の50回まではトレーニングを継続してやる!)と僕は昔の体力を取り戻す事に必死でした。

1か月くらい経った頃だったと思います。この頃には半分の50回、ランニングも5キロは走れる体に戻っていたんです。もちろん素直に嬉しかったのですが、それ以上に僕には、こんな思いがありました。

(50回できるんやったら、60回、70回もいけるんとちゃうか?)

できる回数が増えていくと、さらに上を目指したくなるんです。こうして僕は、さらなる高みへと目指していきます。トレーニングを行うストレスもこの頃にはありませんでした。むしろ、(やってやるぞ!)というチャレンジ精神めいた感情でした。

 

3か月程度経ってから100回達成!

トレーニングを初めて3か月くらい経った時、ようやくその時がきました。

連続腕立て100回、腹筋100回、スクワット100回、そしてランニング10キロを全て達成したのです!この時は本当に飛び上がるほど喜びました!

まるでオリンピック選手が金メダルを獲得したような気分でした。100回というハードルの高さが、僕の達成感を最大限に高めてくれたのです。実際には全部一度に達成したのではなくて、腹筋がまず100回できて、次はランニングが10キロ走れて、、、という感じで、一つ一つ課題をクリアしていった感じです。でも一つでも課題がクリアできる事が、次の目標達成への活力になりました。

僕は達成した瞬間、爆発するほど喜んだ後、こうも思いました。

(せっかくここまで鍛えたんだ。この筋力を維持したい)

という事で、僕は今でも、筋力維持の為にワンパンマン式トレーニングをしています。

(汚い写真ですいません!現在の姿です。因みに体重は55キロ代です)

 

まとめ

こうして僕は現在でもトレーニングを継続しています。おかげ様で体格もずいぶん良くなり、悩みだった下痢もかなり少なくなりました。

更にこのトレーニングを通して自信も付きました。

僕みたいなタイプは極端ですが、筋トレの魅力は何より達成感、能力が上がっていく快感、ここに尽きると思います。でもそれを実感するには、少々時間がかかります。

ただ一度実感してしまえばもう味をしめたものです。筋トレの魅力にハマると、定期的に体を動かしたくなってしまうんです。

だからこそ筋トレを是非初めてもらって、できない事ができるようになっていく快感、達成感を味わってみて下さい。

特に筋力のない人ほど、できる事の幅が増えていく実感が得られると思うので、強くオススメ致します。一方で筋肉がそこそこある人は僕がやった「ワンパンマン式トレーニング」で実際に腕立て100回、腹筋100回、スクワット100回、ランニング10キロを実際に試してみて下さい!本当にしんどいトレーニングです。でもだからこそ、達成できた時の喜びは、偉業でも達成したかの様な気分です。

 

この文章を読んで、少しでも筋トレを初めてみたいと思われた方がいらっしゃれば、何よりも喜びです!

いいね!!

この"好き"を書いてる人

カズ夫

SNSでみんなに魅力を伝えよう!