“毎日会いに行けるアイドル”!?アイドルマスターシンデレラガールズの特別感

Churu

突然だが、私はプロデューサーである。

…と言っても、ゲームの中でね。

テレビ等でアイドルを目にする機会はとても多い。今までに、彼女たちの可愛らしい見た目と、ステージ上で見せるキラキラした姿に憧れた経験が一度はあるのではないだろうか?

一昔前には、『週末会いに行けるアイドル』なんてフレーズで大ブレイクしたアイドルグループがいた。しかし、もしアイドルたちに毎日会えたら?もっと近くで彼女たちを応援できたら?そんなことが実現したらスバラシイのではないだろうか!?

そんな夢を叶えるのが、通称『デレステ』と呼ばれるリズムゲームだ。今日は、『デレステ』こと『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』の魅力と楽しみ方をご紹介したいと思う。

 

 

アイドルたるもの…

いついかなる時も可愛くなければ☆

私がデレステにおいて最も衝撃を受けたこと。それは…3Dアイドルが可愛い!!

デレステでは、アイドルをスカウトした段階のイラストもとても可愛く高評価なのだが、それ以上にライブ時の3D映像のクオリティが高い。

私は元々、3Dアニメには少々否定的だった。3Dアニメーションは、ただ立体的であればいいというものではない。作り方によっては、骨がないかのような不自然な動きになったり、まるで“人”の重量が感じられないフィギュアのような印象を与えてしまう。

それがどうだ!

デレステのライブ映像にはそうした違和感がないどころか、本物のアイドルを応援しているかのような錯覚すら覚える。まるでアイドルたちが2次元の世界から飛び出してきて、目の前にいるかのような感覚なのだ。

そして大抵、2Dイラストの時より可愛くなる。これもすごいことだ。私個人の経験上、2Dアニメのキャラクターが3Dになるとかなりの確率で「なんか違う」感が出る。それがデレステでは、イラストを忠実に再現しつつも、3Dならではの魅力を引き出すことにも成功している。

3Dのアイドルたちに微笑みかけられれば、現実世界のあなたが骨抜きにされること間違いなしなのである!

 

どんな衣装も着こなせなければ☆

3Dライブ映像において、アイドルたちは最初全員お揃いの衣装を身につけているが、衣装はその後増やしたり配色をコーディネートすることが可能である。

だがしかし、それだけでは終わらない!

ガチャで最高レア度のアイドルを手に入れると、なんと3Dライブ時に、アイドルがそのイラストの衣装のまま登場してくれるのだ!こらぁてーへんなこった!

興奮しすぎて自身のキャラも見失うほどである。

これらの衣装は一着一着丁寧にデザインされており、着用するアイドルのイメージにもよく合っている。その子一人しか着れない衣装にこんなに力を入れるなんて…なんとも贅沢な気分ではないか。

また衣装によっては髪型もアレンジされるので、普段とは違った雰囲気のアイドルを見ることができるのも嬉しい。

ちなみに、ガチャは定期的に引くことができ、レア度の高いキャラも比較的手に入りやすいので、無課金でも十分楽しむことができるのもいい所だ。

 

歌って踊れなければ☆

デレステの総収録曲数は200曲を超える。中にはJ-POPのカバー曲も数曲あるが、ほとんどはオリジナル曲である。

これは個人的な偏見であるが、知らない曲でリズムゲームをするなんて苦痛極まりない。…と、思っていた。だがそんな心配は無用だった。

アイドルたちの声を担当している声優たちは歌唱力が高く、曲のクオリティもなかなかのもの。すぐに何曲もお気に入りが見つかった。なんなら自分のスマホに入れていつも聞いていたいくらいの曲が沢山ある。

ここでっ!

唐突に、私の思う歌唱力のあるアイドル3人を発表!

高垣楓(cv:早見沙織)

北条加蓮(cv:渕上舞)

藤原肇(cv:鈴木みのり)

この3人以外にも歌唱力のあるアイドルは何人もおり、ぜひあなたの好みでお気に入りの曲を見つけてほしい。

 

さて高クオリティの曲には、もちろん良い演出をつけたいところだ。デレステでは一曲一曲にMVがあり、こちらもなかなか凝っていて見応えがある。

さらにMV再生の際には、出演アイドルと衣装を自由に選択可能である。アイドルの色々な組み合わせを試したり、曲の雰囲気に合わせて衣装を変えたりして、ついつい何度も繰り返し見てしまう。

時々我に返り、「あれ。そういやこれリズムゲームなんだっけ」となるが、まぁ楽しけりゃいいのだよ。

 

 

“ただのゲーム”から“私のアイドル”へ

さぁここまでデレステの魅力の一部を語らってきたが、ここからはさらにもう一歩!デレステライフをもっと濃くする極意をご紹介していこう。

 

◆ストーリーを熟読するべし

デレステ内にはメインストーリーやアイドル一人一人の個別ストーリーがある。読むのが面倒だからと全部スキップしてしまっては、非常~にもったいない!

ストーリーを読めば、個性豊かなアイドルたちに愛着が湧いてくるし、時には壁を乗り越えようともがくアイドルたちの姿に思わず涙することも…。(筆者の涙腺は少々ゆるめである。歳かな)

そうして改めてライブで輝いている彼女たちを見ると、なんとも感慨深いのである。

 

◆アニメとストーリーは別物であると心得るべし

デレステは2015年にアニメ化されている。ゲーム内でストーリーを読んでいるんだから、わざわざアニメまで見る必要はなかろうと思われるだろうか?

うんにゃ。

これまたゲーム内ストーリーとは別の良さがあるのでぜひ見てみてほしい。

アニメは主にデレステの看板キャラクターである、卯月・凛・未央の3人にスポットライトが当てられている。3人を筆頭とする新人アイドルたちの葛藤や挫折、夢に向かってひたむきに努力する姿をずっと見ていると、なんだか触発されて、自分も何か新しいことを始めてみようかとすら考えてしまう。

そして、アニメの感動を胸にゲームに戻ると、一つ一つの楽曲それぞれの舞台裏が思い出されるし、今まで聞き流していた曲が思い入れのある曲に変わる。

アニメを見れば、あなたとアイドルたちにいわば、“共通の思い出”ができるのだ。

 

◆アイドルたちの世界に入り込むべし

さて、最後の一つは私も最近知ったアプリである。それが『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトスポット』、通称『デレスポ』だ。

このアプリの目玉機能は『3Dコミュ』と言えるだろう。デレステではライブ時のみ3D映像となっていたアイドルたちだが、ここでは3Dアイドルたちの日常の他愛ない会話を、その世界に入り込んで見ることができる。

大好きなアイドルたちが近寄ってきて話しかけてくれれば、気分はもう最高。VR対応なので、VRゴーグルをお持ちの方はさらに間近にアイドルを感じることができるだろう。

また『フォトスタジオ』では、逆にアイドルを自分の部屋に召喚することが可能である。

試しにやってみたら、アイドルが私のベッドの上で一曲踊る展開に。うーむ、なんともシュール…。だが、まるで自分一人のためだけのライブを見ているかのようで、すごく楽しかった。

デレスポで、アイドルとの距離がさらに近づいたような気がした。

 

 

遊ばにゃ損々

さて、これほど非常に丁寧に作り込まれているデレステだが、最も驚くべきは、これらが全て無料コンテンツだということだ!

正直、無料でこんなに楽しんでいいんだろうか…と一抹の不安を覚えるほどのクオリティである。なんだか、日本の職人魂を目の当たりにした気分だ。良いものを、リーズナブルに楽しんでほしいという心意気がうかがえる。

 

どんな職業でも、楽な仕事なんてものは存在しない。それは、一見いつもキラキラしていて楽しそうなアイドルも同じ。彼女たちが裏で闘っている様を知れば、そこには華奢で愛らしいだけではない、芯の強い人間の姿が見えてくる。

あなたもぜひデレステで、そんなアイドルの世界に触れてみてはいかがだろうか。もしかすると彼女たちが、あなたがもうひと踏ん張りする力をくれるかもしれない。

いいね!!

この"好き"を書いてる人

Churu

方言に憧れてる系江戸っ子

SNSでみんなに魅力を伝えよう!