全世代に大人気!Youtubeで快進撃を続けるカジサックって何者!?

Churu

「どうも!カジサックです!」

赤いジャージと頭にタオルという出で立ちで、威勢よく挨拶するそのユーチューバーを皆さんはご存じだろうか。カジサックと聞いてピンと来なくとも、“キングコング梶原”をよく知っている人は少なくないだろう。

今回は、芸人とユーチューバーの二足のわらじを履き爆走するカジサックの魅力を、ぜひ皆さんにも知っていただきたいと思う。

 

 

只者じゃないぜカジサック!

2018年10月、お笑いコンビ『キングコング』の梶原が開設したYouTubeチャンネルが巷で話題になった。著名人のチャンネルだから、という理由だけではない。

新米ユーチューバーのカジサックとなった彼が、「2019年、年末までにチャンネル登録者数100万人達成しなかったら、芸人を引退します!」と衝撃宣言したからだ。

いやいや大げさに言ってるけど、元々芸能人だし、1年以上もあれば100万人くらいいくんじゃないの?と思ったそこのアナタ。YouTubeはそんなに甘い世界ではない。

事実、かつてお茶の間で人気を誇った芸人や、元国民的アイドルのチャンネル登録者数が、数十万人はおろか数万人で伸び悩んでいることも珍しくないのだ。

しかしカジサックはすごかった。周りの心配をよそに、チャンネル開設からわずか9ヵ月ほどで100万人をあっさり達成。

その後も勢いは止まらず、今や登録者数200万人を超える大人気ユーチューバーとなってみせたのだ。これには爽快感を覚えずにはいられない!

一体カジサックの何がそんなにウケたのか?今やすっかりカジサックファンとなった私はその魅力として、

①カジサック本人のスキルとセンス

②温かなファミサック(カジサック一家)

③個性豊かなスタッフ勢

を挙げる。一つずつご紹介していこう。

 

 

この人こんなに面白かったの!?

カジサックチャンネルの大きな特色として一つに、豪華な芸能人ゲストを招いたトーク動画が挙げられる。自宅ソファーに有名人が座っているその絵面には、なんとも言えないアンバランスな面白さがある。

その人選も様々で、芸人枠で言うならば、流行りの若手漫才師から、オール巨人師匠といった大物まで。これには流石のコネクションだと唸らざるをえない。

しかし、トーク番組ほど司会者の腕が試される企画はない。いくらゲストが豪華でも、話の振り方が上手くなければ、なんだか聞いたことのあるようなエピソードを延々聞くだけの時間になってしまう。

その上だ、見ればカジサックのトーク動画は往々にして30分前後の長編だし、時にはそれでも足りず二本立てになっていることも。いやいや…今どき人がグダグダ喋ってるだけの動画なんて、そんな見ていられないよ…と、当初の私は思っていた。

 

ところがどっこい。ここで発揮されるカジサックの軽快なトーク回しの術!エピソードを引き出す巧みな質問!相手と雰囲気に応じて柔軟に繰り出すボケとツッコミ!!

あ、あれ!?梶原ってこんなにトーク上手だったの!?すっかり見入ってゲラゲラ笑っているうちに、30分は飛ぶように過ぎている。何が起こったんだ。

そう、カジサックはYouTubeで、テレビの中とは違った才能をこれでもかと開花させた。カジサック自身も動画内で、YouTubeで見せる姿は最も自分らしくのびのびしていると語っているが、それが最大級にいい方向に作用しているのだ。

相手をイジったり、ちょっと馬鹿にしたりして笑いを取ることも珍しくない今の世の中で、決して相手をけなさず、常にゲストに尊敬の念を持ち、そのゲストの一番良い一面を引き出していくカジサックのトークは、見ていてとても気分がいい。

さらに不思議なことに、何十年もテレビに出続けているゲストからも、今まで耳にしたことがなかった新鮮なエピソードがポロポロ出てくる。

そして見終わる頃には、そのゲストのことをなんだか好きになっているのだから、これはまさにカジサックマジックと言えよう。

カジサックはエピソードを聞いている間リアクションを欠かさないが、彼自身がちゃんと目の前の“人”に興味を持っていると伝わってくるので嫌な感じはしないし、ゲストもそれを感じるからこそ、楽しく色々喋ってしまうのであろう。

 

なんだかすごいぞカジサック。見直しちゃったぞカジサック。

 

 

もう全員尊い…癒しのファミサック

カジサックチャンネルの人気の理由…正直それはカジサックだけの人気にあらず!

カジサックチャンネルの動画の約半数は今や、カジサックの家族が出演するファミリー動画となった。

家族をダシに登録者を稼ぐなんて…と誤解されがちだが、そうではなく、カジサックの家族が自ら希望して出演しているのだと先にお伝えしておきたい。

梶原家、通称“ファミサック”は、奥さん(動画内では“ヨメサック”)と、上は中学生から下は0歳児までの5人の子どもたち(動画内では“コサック”)で成っている。この面々がまた個性的なのだ。

ヨメサックは、元読者モデルの過去を持つ、笑顔の眩しい美人ママである。

サバサバとした雰囲気もあるが、夫の前では時に可愛らしい少女のようであり、また時には子どもに温かな眼差しを向ける優しい母であり、その魅力で多くの視聴者を骨抜きにしている。

コサックたちはと言えば、おおらかで優しい長男のとうじ、しっかり者の長女かんちゃん、ギャグのセンスはピカイチの次男コジサック、天真爛漫で父ゆずりの運動神経を持つ次女せんちゃん、そしてひたすら可愛い三女はるちゃんである。

こんなに一人一人のキャラが立っているなんて、この子ら天才なんじゃないだろうか?(筆者の目にはすでに親バカフィルターがかかっている)

 

そしてこのファミサックが、まさに理想の家族像なのだ。

両親は恋人同士のように仲が良く、子どもたちの意見を尊重し、きちんと目を見て会話する。子どもたちはそんな両親の愛を受け、それぞれが個性的ながら素直さと思いやりを持ち合わせている。

そんな彼らは、視聴者の心をガッチリつかんで放さない。視聴者はファンとしてと言うより、もはや孫を見るかのようなメロメロ状態で子どもたちの成長を見守っているのだ。

特に次女のせんちゃんは、カジサックチャンネルが始まった頃はまだ“赤ちゃん”という印象だったのが、今や走ったり妹の世話をしたりしているのだから、思わず目頭も熱くなるというものだ。大きくなったのぅ。

もちろん我ら視聴者の愛は一人だけに注がれる訳ではない。

普段兄として一歩引いているとうじが父に甘えれば悶絶し、大人びたかんちゃんが無邪気にはしゃげば大歓喜、ふざけてばかりのコジが真剣な顔を見せれば涙で顔面大洪水、はるちゃんが初めて立ったらお祭り騒ぎという具合だ。

 

外から疲れて帰ってきた時にも、この癒し効果はバツグン。マイナスイオンでも出とるんじゃないだろうかこのファミリーは。

 

 

カジサックより楽しんでない!?愛すべきおっちゃんズ

カジサックチャンネルにて多くのファンを持つのはカジサックと家族だけではない。何を隠そう、スタッフたちもかなり人気なのだ。

なぜスタッフ?と思われるかもしれない。が、見れば分かる。このオジサンたち、可愛すぎるのだ。

スタッフたち(動画内では“チームカジサック”)のうち、特によく動画に登場するのは、普段カメラマンを務めるヤスタケとトンボだ。彼らのキャラがまたなんともよく立っている。

 

ヤスタケは40代にして爽やかな独身貴族。その優しい笑顔と語り口調が、多くの女性ファンを虜にしている。

そしてこのヤスタケ、キャラ作りでも気取ってるわけでもなく、素で色々とオシャレなのである。そのキラキラ加減についていけなくなった時カジサックらが言う「ヤスタケェ〜〜」という決まり文句が、コメント欄でも定着している。

坊主頭にキャップ、そして黒縁メガネという風貌が印象的なトンボも、チームカジサックには欠かせない存在である。

底抜けに明るくいじられキャラである彼は、元芸人だったこともあり、動画内でよくカジサックのボケに対しテンポよくツッコミを入れている。

私が個人的に好きなのは、カジサックにドッキリをしかける動画撮影時のトンボである。はしゃぎまくっているその姿は、まるでいたずら好きな小学生男子。

でもその姿がまたすごくいい。ワクワク感が伝わってくるし、嬉しそうなトンボにつられて思わず笑ってしまう。

 

振り返ってみれば、初めてスタッフに注目したのは、コジとせんちゃんの『はじめてのおつかい』企画動画を見ていた時。

子どもたちの成長に涙していると、カメラマンとして二人に付き添っていたトンボが誰よりも号泣していて、つい吹き出した。

そこからチームカジサックの温かさに感動することが増えた。スタッフそれぞれにカジサックへの思い入れがあったり、カジサック家の子どもたちに懐かれている様子も、見ていてとても微笑ましい。

またヤスタケとトンボ以外のスタッフも視聴者から愛されており、彼らの和気あいあいとした関係性は、動画の雰囲気作りにも大きく貢献している。

 

いわば、“このスタッフにしてこのカジサックあり”なのである。

 

 

反抗期も吹っ飛ばす カジサックの“南風”

ここまで少々語りすぎてしまった感もあるが、カジサックチャンネルの魅力、皆さんにも少しお分かり頂けただろうか。しかし正直なところ、このチャンネルの魅力は見て初めて分かる、と思う。

 

コメント欄を見ていて気付くことがある。

 

“婚約者と別れたばかりで、幸せな家族を見る勇気が出なかったのですが…”

“先日流産し、元気な赤ちゃんを出産したヨメサックを見ると辛くなりそうで怖かったのですが…”

“今自分は反抗期で、さっき親と喧嘩したとこだったんですが…”

 

などなど、数々のネガティブな感情を抱えていた視聴者たちが、動画を見終わった後総じて、

 

“私もこういう温かい家庭を築きたいと思いました”

“すごく幸せな気持ちになりました”

“親に感謝を伝えたいと思います”

 

と、大きな感情の変化を味わっているのだ。

 

カジサックチャンネルはあんなに“幸せオーラ”が溢れているのに、人に嫉妬を抱かせない何かがある。自分もこうなりたい、家族との接し方やコミュニケーションスキルを真似してみたいと思わせる。

その陰には、カジサック本人のたゆまぬ努力があるのだ。彼は、知名度があるからと図に乗らない。常に学ぶ姿勢を保ち、コメント欄も自ら一つ一つ目を通す。アンチコメントにも正面からぶつかる。

そんなストイックユーチューバーが作り出す温かな笑いの風を、皆さんも一度体感してみてほしい。

さて…カジサックチャンネルについて語っていたら、また見たくなってきてしまったので、今回はこの辺で切り上げることにしよう。

 

新作動画、出てるかな〜。

いいね!!

この"好き"を書いてる人

Churu

方言に憧れてる系江戸っ子

SNSでみんなに魅力を伝えよう!